« ほんと、めげるよな | トップページ | BSのWRC放送も終了か・・・ »

2008.12.19

SSD向けXPチューニング

Windows XP をSSD で快適に運用するにはいろいろコツがあるようで、Trancend 32G SSD TS32GSSD25S-M導入にあたっては2ch のSSD スレを参考にいろいろ設定をいじりました。健忘記として書きとめときます。大体はここの内容。

1. RAMを4Gに増設
あわせて、カーネルメモリのページプールを物理メモリに置く設定と、デバイスドライバのIOキャッシュサイズを増やす設定を行う。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Session Manager\MemoryManagement\
DisablePagingExecutiveの値を 0->1
DWORD値でIoPageLockLimitを作成、10進で8000000

2. XPの管理限界から外れたメモリをRAMディスクに設定
RamPhantom3 LE を導入、使用メモリをシステム管理外のみに設定。
各種TEMPをRAMディスクに変更。ジャンクション使うと便利。

3. 仮想メモリを無しに設定
システムのプロパティから。

4. プリフェッチを切る
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Session Manager\MemoryManagement\
PrefetchParametersの値を 3->0

5. 起動時のシステムファイル読込整理機能をOFF
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Dfrg\BootOptimizeFunction
値を Y->N

6. インデックスサービスをOFF
Indexing Service を無効に。ドライブのプロパティからも切る。

7. MS-DOS方式の8.3文字ファイル名の自動生成を停止
HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Control\FileSystem
NtfsDisable8dot3NameCreationの値を 0->1

だいたいこんなもんかな。今のところ快適。プチフリーズとも無縁です。
※20日いろいろ追記

|

« ほんと、めげるよな | トップページ | BSのWRC放送も終了か・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SSD向けXPチューニング:

« ほんと、めげるよな | トップページ | BSのWRC放送も終了か・・・ »