ゲーム

2010.06.11

SPACE INVADERS INFINITY GENE

SPACE INVADERS INFINITY GENE

楽しみだねぇ。
iPhone版もかなり面白いんだけど、やっぱスティックとボタンで遊びたいよね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.01

XEVIOUS RESURRECTION

ナムコミュージアム.commに収録のゼビウス新作「ゼビウスリザレクション」がなかなか楽しい。変に奇をてらうことなくゼビウスを正当進化させた感じで好感触す。

今作の新要素は、敵のレーザー攻撃と新武装バリアーでの回避。面白いアイデアなんだけど、味付け的にはあっさり。あんまり派手にゲーム性に取り入れると斑鳩になっちゃうし、その辺の味付けは流石というか、もしかしたら「敵グロブダーのレーザーをバリアで回避」これだけやりたかったんじゃないかとも思えるw

他の収録作では、ドラゴンスピリットが嬉しいかな。BGMはなんか音がひずんでていまいちだけど。レトロタイトルの移植作業は有限会社ゴッチテクノロジーが担当したようです。元「ゲームのるつぼ」の方々ですね。

PS3にこの手の気軽に遊べるゲームが欲しかったんで、満足度は高いです。うちのPS3はビデオプレイヤーからレトロゲーム機に格上げになりましたw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.21

オトメディウスG

萌えグラディウスことオトメディウスのXBOX360移植版、「オトメディウスG」購入しました。

ゲーセンで遊んだこと無い俺が、予備知識なしでグラディウスの新作として買ってみました。主役機でとりあえずクリアしての感想は、まぁ面白いけどちょっと物足りないなぁ。ってなところです。

まず思ったのが、ゲーセン移植のオリジナルモード、360のゴージャスモード、共に楽しみ方がよくわからないなぁと。ただクリアするだけじゃなく、繰り返し遊んで武装強化していくのがきっとオトメの遊び方なんだろうなとは思うんだけど、マニュアルもインターフェースのデザインもそっちへの誘導が弱いんだよね。なんか漫然と目的無く遊んで1週クリアで満足しちゃう感じ。

360にはせっかく実績の仕組みがあるんだから、実績をねらって遊ぶとゲームをより深く楽しめるようなデザインに出来なかったのかな。実績目標がキャラ毎のクリアとプレイ時間、πタッチ回数で終わりって絶対もったいない。

ゴージャスモードは別名グラディウスモードだそうで、ゲーセン版にあったボンバーを廃止してバリア採用、ステージ構成もグラディウスにならって最終面まで通しで遊べるようになってます。ただ、グラディウスシリーズ伝統の死んでからの戻り復活を不採用、かつパワーアップカプセルの出現が少ないせいで、一度死んだらほぼ終わりという残念な出来。グラディウスシリーズは復活が楽しいのにね。

まぁ、これはグラディウスじゃなくてオトメディウスなんだから「グラディウスじゃない」って文句言うのは筋違いだとは思うんだけど、なんか素材がもったいないなぁ、と思いましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.14

RAIDEN FIGHTERS ACES 更新来たようだけど・・・

なんかUPDATE後RF2が6面でフリーズ、ゲーム進行不能とかありえない事態になってます。公式にも認める報告でてます。ちょっとどうなってんの?・・・・

先日紹介した技術屋さんHPも早々にエンバグについてコメントでてました。いわく、「俺の担当パートが原因では100%ないし、おれはこのプロジェクトでは一銭も謝礼もらってない。RFAはこれでバグ持ちゲームのレッテル確定したけど、俺の成果が台無しだ。心底がっかりしてる」だそうで。意訳だけど大筋こんな感じのコメントでした。

そもそもこのHP、秘密保持契約的に大丈夫なのかなぁ?とか思ってたんだけど、どうも開発先に無断で公開してたようで、その後商品名消したり愚痴が追記されたりとありえない更新が続いた後、先ほど削除されたようです。「ボランティアで開発手伝っただけなんだからNDAなんか関係ない」とでも思っていたならあきれる話ですな。


なんていうか。
今のゲーム開発って、いったいどうなってるんだろう?とか思わずにはいられないな。「ゲームは出したい。情熱はある。でも予算がない。持ち出しの手弁当で作りたいもの作ってやるぜ!」の結果、製品として不完全なものが市場に出てしまう。こんな構図をここ最近立て続けに見たような既視感が。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.12

RAIDEN FIGHTERS ACES 更新内容公開

RAIDEN FIGHTERS ACESの2回めのタイトルアップデートが11/13に行われるとのこと。デバグは当然なんでしょうが、見所は画面描画系の更新でしょうか。もともと画面設定に相当偏執的こだわりのあった本作ですけど、ほとんど趣味だろ!ってぐらい機能が追加されてます。

この「高解像度モニタで15KHzモニタの質感を再現しよう」な試み、5年くらい前にArcadeMAMEだったかな?で一所懸命取り組まれてたよね。CRTのシャドウマスクをフィルタで再現なんてすげー発想だなと感心したものです。で、今回そのあたりのアイデアを商業作品でまじめに実装しようという初の試みになるわけです。いやー凄い。

で、ネットで情報あつめてたら担当技術屋さんのHPらしきものを見つけました。各機能の詳細な解説とともに、これだけの実装を行った理由がコメントされていました。いわく、

では何故にこのような細かいオプションを用意しているのか、答えは実にシンプルです。 「"2DシューティングゲームのHDTV環境での移植"におけるお手本を今のうちに作ってしまっておこう」、というだけの話です。

だそうな。
うん。いい話だ。作り手にとってはハードル上がってたまったもんじゃないかもしれないけど、遊び手としてはなんとも嬉しいじゃないですか。え?嬉しいよね?喜んでるの俺だけ?w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.31

サンダーフォースVI・・・・

なんとも、言葉を失うような凄い内容・・・・
ゾルゲやってくれたな、という感じ。

5面までは、まあ、手放しでほめる様な内容ではないがこれはこれでアリかも、という感想。面が短く、メリハリがないけど、まぁ遊べる。見所もそこそこある。しかし、最終面手前の勘違い過去オマージュ演出、最終面の原作レイプ。まさかこれほどとは・・・

一応、以下ネタばれね。まだ遊んでない人はブラウザ閉じてくださいな。
 
 
 
 
 
 
 

最終面手前で、巨大化した歴代シリーズ自機と戦うんだけど、まったく展開的に意味不明。演出はまんまSGGG。SGGGで受けたんでもう一回ってか?アホかと言いたい。SEGAストア通販限定の設定資料集とやらを読めば演出意図が説明されてるのかもしれないが、そんなもんが無いと意味不明ってなんだよ。つーかそもそもシューティングにそんなストーリーが必要なのか?やりたいならゲーム本編で語れ。

本作は全体的に奴のアジアン趣味全開。ナレーションは謎のモンゴル語だし、変な漢字風フォントも多用されてる。そこはまぁ、目をつぶろうかと思ってたよ。サンダーフォースでやることか?とは思ったけどね。しかし最終面でゾルゲはさらに暴走する・・・

まず、いきなりBGMがトルコ行進曲。はぁ?なにこの違和感。そして特に山も無いまま最終ボス突入すると、そこで待ち受けているのはゲーム史上もっとも悪趣味と断言できる、三つ目の巨大水子みたいなグロキャラ・・・・これゲーム違うだろ。全然世界観違うよ。生理的に駄目。しかも奴がゲーム業界入る前に漫画家やってたころの、デビュー作のキャラですよこれ。お前なにテクノソフトの看板シリーズに手前のエゴ押し込んでんだよ。ほんとがっかりしたよ。

ゾルゲは自分の趣味の特殊性を強く認識するべきだ。お前の変漫画は変漫画とわかってる人間が読むもんだから勝手してもいいかもしれん。でもサンダーフォースでやっちゃ駄目だろ?20年の歴史を持つシリーズだよ?続編作ろうと決意したその心意気はまぁ認めるけどならもっとまじめにファンに向き合え!ファンはサンダーフォースを遊びたいのであってお前のオナニー見たいわけじゃねぇ!

やーほんとがっかりした。思わず感情にまかせて乱暴な文章になっちゃったけど、お見苦しい点勘弁ね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.10.10

R-Type Dimensions

XBOX LIVE ARCADE にR-TYPEリメイクがこの冬出るようです。
東京ゲームショーで公開。


SEGAAGES vol.3のほうのファンタジーゾーンもこの路線でしたが、もっと控えめ。思い切ったもんだw

あと、SPACE INVADER EXTREMEも出るみたい。これはPSP版が地味に面白かったな。開発ガルチならいいんだけど。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008.09.30

新生サンダーフォースサウンド

サンダーフォースVIのサイトが更新BGM視聴コーナーのTAMAYOサンプルがまんまレイフォースでワロタ。

ぜんぜん否定的な意味じゃ無いっすよ。むしろゾクゾク来ました。俺的にTFはIII、IVのメロディアスな曲が好みなんで大歓迎。Vの曲が世間では人気みたいだけど、自分はあまり好みじゃない。暴言かも知れんけどあれはIII、IVへのリスペクトが受けたってだけと思ってるっす。

しかしV好きもご安心。佐藤豪氏がボス戦向けにバリバリVっぽい曲書いてくれてますよ。しかしまぁ、ここまでファン向けに磐石な構えをとられると、逆にあざといなと考えてしまうのは擦れたオタクの悪い癖ですな。楽しみに待つことにします。

10/30発売。ソフマップ予約はサントラが付くみたいだぞ!おれは祖父に決定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.14

ファンタジーゾーンにポカミスが・・・

ファンタジーゾーンコンプリートコレクション、満足度の高い良い商品なんだけど、残念な点が二つほど。

1. ARCADE版ファンタジーゾーン1のエンディングで、ラスボスが涙を浮かべる印象的な演出が表示されない。
これはなんだろう。意図的にはずしたってことはないと思うんで、スプライトの表示プライオリティの実装ミスかな。ボス本体の表示の裏に涙が隠れてしまっているのではないかと。

2. ネオクラシック版ファンタジーゾーンのBGMに採譜ミス。
HotSnowのBメロで印象的なサンバホイッスルが、1回目は音程↑↓、2回目は↓↑が正しいんだけど、両方とも↑↓。

1の件は、このゲームの印象を大きく決定付けた演出要素だけに残念。これが無いとFZ2のサブタイトルとの繋がりも無くなっちゃうし。2の件はCDのライナーノーツで担当者が「楽譜はアーケードに忠実にこだわりました」とか書いてる分痛すぎる。

AGESシリーズ総決算を謳っている分、こんな些細なミスで評価を落とすのはもったいなすぎるな・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.09.12

全俺が泣いた

感動大作。
ロビンウィリアムズがセガ人を熱演。これは涙なくして見れない。
コメントOFF推奨です。


それはともかくファンタジーゾーンですが。

上の動画が他人事と思えない駄目人間にとっておきのご褒美が仕込まれてました。セガサウンドトレジャーボックス(略してS.S.T.)。PS2がSEGAサウンドのジュークボックスに成ります。タイトル選択画面でいつもの右押し+スタートで出現。シリーズのセーブデータが必要。最新の音源エミュによるPS2限界サウンドを堪能しよう。

開発チームから皆様へ「ファンタジーゾーンコンプリートコレクション」発売によせて

>> さて。2003年の登場から早5年。多くの声に支えられながら
>> 33作続いてきたセガエイジス2500シリーズですが、ここで
>> 一旦お休みとさせていただきます。

全俺が泣いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧