ビンテージゲーム

2010.03.21

SGFシリーズ次回は「シルバーホーク」1/60

宮沢模型の展示会でサンプル展示があったみたいですね。あみブロより。
ダライアスバースト版ってことなんだけど、なんか造形的に淡白にみえるな~。シルバーホークってこんな形だったっけ?俺的には購入は様子見コース。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010.03.10

ゲームグラフィックTV

最近のお気に入り。
あっという間に時間を浪費してくれます。

今50話以上掲載されてて、まだまだネタ切れしないんだから凄いね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.26

バーチャルコンソールアーケード

任天堂Wiiのバーチャルコンソールにアーケードゲームが追加!
とりあえず、スペースハリアーソルバルウ、イシターの復活を購入。VCは気軽に遊べるのがいいね。どんどん追加キボンヌだ。

スペハリはPS2版とほとんど同仕様だけど、FM音源の再現度は高いみたい。ヌンチャク使った操縦桿モードは楽しいけど、ちょっとゲームにならない感じ。プルプル震えてゲーセンっぽいといえばゲーセンっぽいw

ソルバルウは20年ぶりに遊んだ気がする。楽しいねー。移植の具合はよくわからんけど、なにしろゲームバランスが酷いwこれ1コインでクリアできたんだろうか。連コインで2時間くらい遊んだけど宇宙面越えられねー

イシターは買ったはいいけどクラシックコントローラーが無いと起動できないワナで遊べねー。あのクソみたいなコントローラー買えってかー。商品説明にGCコントローラーでも遊べるって書いてあったのに開始できないってどうなってんの・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.03.21

コナミアーケードコレクションに思う…

レトロアーケードゲーム移植にエミュレーション技術が応用されるようになって久しいけど、満足のゆく品質のものをコンスタントに出してくれるデベロッパが現れてうれしい限り。ええ、M2のことですが。今後もゲームを遊んだ感触の再現を第一にリリースを続けてもらいたいなぁと切に願います。

コナミアーケードの評判を2chでチェックしたらなんか移植手法の話で大荒れだったんだけど、やっぱエミュはお手軽で手抜きってイメージが根強いんかな。そんなわけないと思うんだけどねぇ。MAMEの功罪でしょうな。

昔はソフトウェアのアルゴリズムの再現がなされ、かつ視覚聴覚的に満足いくレベルに達した移植作品を「神移植」としていたと思う。例えば電波新聞社のX68kものの一部は、ゲームを再現する手法として元プログラムの逆アセンブル、といった手法が使われたと聞く。元プログラムがどういう挙動をするかを解析し、その挙動を移植先のハードウェアに置き換えていくってイメージか。

最近はCPUパワーの恩恵で元プログラムが動作するプラットフォームの再現(エミュレーション)が可能になった。これって上で言うところの「移植先のハードウェアへの置き換え」作業がより厳密に出来るようになったってことだよな。移植先のハードウェアに無い機能をどうするか。以前は移植先ハードウェアに縛られる形でコンバートなりをしていたものが、その機能を丸ごとソフトウェアで再現することが可能になった、と。これって単純に考えても昔より作業量は増えてるんじゃないか?けっして「エミュはお手軽」じゃないだろ、と。

まぁエミュの手法は、一度そのプラットフォームをソフトウェアに置き換えることが完成すれば、動作するソフトウェアの使い回しが可能な面があるから、これをもって「お手軽」というのも判らんでもないけど、完璧なエミュなど存在しないし、動作検証の手間は大変なもんだろうし、やっぱりエミュ=手抜きは違うと思うなぁ。


最後に、手法の違いによる移植作品の分類なんぞを自己流に列記してみたり。

●黎明期、目移植の時代
8bit PCやファミコン・PCエンジン・メガドラの時代。ターゲットと移植先とのハードウェアスペックに大きな開きがあり、元ゲームのテイストを如何にアレンジして移植先に落とし込むかのセンスが問われた時代。

[個人的主観による名作]
 ・MSX版ギャラガ
 ・PC9801版ギャプラス
 ・ファミコン版魂斗羅
 ・PCエンジン版究極タイガー、ダライアス
 ・メガドラ版スラップファイト
 ・X68k版スペースハリアー
  等々


●コンバート移植の時代
移植先ハードウェアの表現力がターゲットに追いつき、ゲームの質をどこまで再現できるか、に関心が移っていった時代。元プログラムを解析し再現。X68の電波新聞社、SPSあたりがその元祖かと。

[個人的主観による名作]
 ・X68k源平討魔伝
 ・X68kドラゴンスピリット
 ・X68kるつぼゲームズの諸作品
 ・X68kパックランド
 ・PC9801版ジャンプバグ、ボンジャック
 ・SEGA 32X版スペースハリアー、アフターバーナー
 ・SEGA SATURN版スペースハリアー、アウトラン、アフターバーナー、ファンタジーゾーン
 ・PS1版XEVIOUS3D/G+のゼビウス
  等々


●エミュ移植の時代
移植先ハードウェアのCPUパワーがターゲットを凌駕するまでに進歩し、ソフトの力でターゲットのハードウェアを再現するにいたった時代。

[個人的主観による名作]
 ・Windows版ナムコヒストリー1、2
 ・任天堂のGBA版ファミコンソフト群
 ・M2の作品群
  等々

アレンジ移植は今回の分類には当てはめづらいんではずしてます。ファミコンのワープマンとかX68のボスコニアンとか好きですが。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007.03.15

DSコナミアーケードコレクション

DSコナミアーケードコレクションが開発元M2であることをただいま確認。明日届く予定だけど、今夜は枕高くして眠れますな。楽しみ楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.10

モンスターワールド コンプリートコレクション

SEGA AGES 2500 モンスターワールドコンプリートコレクション、本日Amazonから到着。M2は相変わらずいい仕事してますなぁ。移植度は概ね不満なし。付加要素も相変わらずてんこ盛り。文句つけようの無い完成度じゃなかろうか。

最近はヴァーチャルコンソールとか言ってこの手の懐ゲーをダウンロード販売する向きもあるけど、やっぱりパッケージがあるのは嬉しいね。マニュアルも毎回読み物として面白いし、ほんと末永くPS2で続けて欲しいシリーズだなぁ。

しかし今回のスーパーリプレイ、神がかってるな。20年も前のゲームをいまだにこのレベルでプレイできるって何者よ。半端無いゲーム愛ってことなんだろうね。某EMU系コミュで見かけたような気もしますが(^-^;

まずはMW4から遊んでます。発売当時積みゲーしちゃってたんだけど面白いですよコレ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.29

沙羅曼蛇・TWINBEE・パロディウス

グラディウスポータブルが商業的に成功したかどうかは謎ですが、コナミシューティングが一気に3セットPSPに登場。当然ゲット。
・沙羅曼蛇PORTABLE
 収録作:沙羅曼蛇/LIFEFORCE/沙羅曼蛇2/ゼクセクス/グラディウス2
・ツインビーPORTABLE
 収録作:ツインビー/出たなツインビー/ツインビーヤッホー/Pop'nツインビー/ツインビーだ!
・パロディウスPORTABLE
 パロディウス/パロディウスだ!/極上パロディウス/セクシーパロディウス/実況おしゃべりパロディウス

沙羅曼蛇ツインビーはエミュ移植、パロは家庭用からのコンバート移植のようです。エミュはSEGAAGESでおなじみ信頼のブランドM2が担当。かなり良い感じ。一方パロは多分グラディウスPORTABLEと同じ中国スタジオの方々でしょう。がっくりな出来。

沙羅曼蛇で特筆すべきはおまけの「グラディウス2」かな。「MSXのあの名作がもしMSX2で製作されていたら?」的な良い感じのグレードアップ。ほんとマニア心をわかってるよな~M2は。何気に家庭用初移植のゼクセクスも嬉しいっすね。

ツインビーのおまけゲーム「ツインビーだ!」も中々いけます。まさかツインビーが弾幕シューにアレンジされるとはw ギャラリーモードにX68版出たツイのMIDI音楽収録。最高ですなぁ。

パロディウスは・・・もう一回M2担当で作り直してほしい感じですorz 大陸パチ物風に劣化してるタイトル画面のイラストでいきなり泣けますよ。

いやーしかしM2は現代の「るつぼ」の地位を確立したんじゃなかろうか。XBOX方面にも進出してくれないかなぁ。LiveArcadeでM2品質のレゲーを味わいたい。Digital Eclipse品質じゃ日本のマニアは満足できませんよマジで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.11.22

1チップMSX、到着!

061122 紆余曲折の後ようやく商品化がかなった1チップMSX、本日到着しましたよ。不安だったケースもなかなかいい感じに仕上がってます。

では早速電源ON!おーMSX起動ロゴ出た!BASICの画面なつかしー。物置からMSXのソフト発掘、まだ動いた!やっぱROMメディアは優秀ですな。自作プログラムなんかが入ったFDも出てきたんで、そのうちイメージ化してMSXに食わせてみます。腐ってなきゃいいけど。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006.05.16

大山のぶ代は本物だった

アマゾンでLEGEND OF GAME MUSIC 2が7割引5,292円!大山のぶ代のアルカノイド神プレイDVDがこのお値段!いやー思わず購入をクリックしてしまいましたよ。

しかし、うわさにたがわぬ凄い腕前。人間石の上にも3年。20年プレイし続けた者の貫禄を感じさせるプレイでした。

いや、このDVDはあくまでおまけなんですが(本編は懐かしのゲームミュージックCDのBOXね)、これだけでも十二分に楽しませていただきました。

BOX1はまださほど値引きになってないんですが、しばらくウォッチしてみようと思います。いや、懐ゲーファンなら定価で買えって言われそうですが(^^;

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.04.01

レッツ!TVプレイCLASSIC キタ━━(゚∀゚)━━ッ!!

三十路オーバーゲーマー感涙のTVゲームトイ「レッツ!TVプレイCLASSIC」到着!
060401

一通り堪能したんで、ファーストインプレッションをば。

●まず、製品自体の質感は・・・
手に持ってみると程よい重さがあり、仕上げも意外としっかりしてるので、あまり安っぽさは感じない。コレクション対象としては合格点かと。本体背ラベルは自分で貼るんだけど、この作業がナムコットカセットを髣髴とさせてなんかいい感じ。

ゲーム機としては、映像出力はコンポジットのみで正直つらい。解像度も低いので最近のHDTVにつなぐとかなりめげます。ブラウン管TV推奨。音質は変にノイズが載ることもなく合格。

操作性はかなり安っぽいつくりだけど、方向が入りにくいとかボタンが変とか言うことはなく、遊べるギリギリのラインという感じ。この値段なら合格でしょ。

●パッケージそれぞれのゲーム内容は・・・
・ナムコノスタルジア1
ゼビウス・マッピー共に遊べるレベルに移植されてます。8bitゲーム機時代の出来のいい移植を見ている感じ。オリジナル至上主義の人はそもそもこのシリーズの対象じゃないと思うんで、大概の人は満足のゆくレベルかと。音の再現は結構きつかったかな、って出来。サンプリングされた音はいいんだけど、本体で演奏してる音が、ね。これはこのシリーズ全体にいえるかも。

おまけのアレンジゲームもいい雰囲気です。「ニャームコ団の逆襲」が意外と楽しくてはまる。けどなんかハイスコアセーブがバグってるっぽい。

・ナムコノスタルジア2
ドラゴンバスター&ギャプラス。よく移植されてます。ドラバスは4方向レバーじゃないときついな。相当慣れが必要かと。ギャプラスは横画面へのアレンジがなかなかうまいな、と思った。敵との距離が近いんで相当難しくはなってます。

アレンジ版、ドラバスはともかくギャプラスはびみょーな感じ。80年代っぽくはあるけど。

・タイトーノスタルジア1
黄金の城&影の伝説。ナムコ2作と比べると音の再現度が高い。ROMの容量が多いからかな。移植内容的にも違和感は感じませんでした。両作ともアレンジ版が結構楽しい。木に登る忍犬がラブリーw。

・タイトーノスタルジア2
奇々怪界&スラップファイト。奇々怪界、ちょっと処理落ちが目立つかな。音は某PS2版よりはイイ。スラップファイト激ムズ。敵との距離が近く、射程が短く、敵弾が早い。ゲーセン版やメガドラ版に慣れた人も新たに攻略する必要があるかと。個人的にはそこがイイ、と思った。燃えてます。

アレンジ版もグッジョブ。タイトーノスタルジアのアレンジって、当時のゲーセン小僧の妄想を形にしたみたいで愛を感じましたw

あと、タイトー2作には雑君保プ氏のマンガがついてるのもポイント高し。ゲーメスト世代は感涙に咽ぶこと間違いなしw

一気に全部買ってみたけど、個人的にはどれも満足度高いです。今後のシリーズ展開がほんと楽しみ。日物ノスタルジア(クレイジークライマー&テラクレスタ)とかジャレコノスタルジア(アーガス&サイキック5)とか出ないかなー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)